ゴムボート 釣り 艤装

ゴムボート釣りの艤装

ゴムボートは、艤装をすることにより、殆どの釣り道具をチューブの上に載せることができるようになります。


その結果、足元には殆ど釣り道具が無い状態で、ゆったりと釣りを楽しむことができるようになるんです。



ゴムボート釣りの艤装



そもそも、ゴムボートというものは、船体自体はとても大きく感じますが、殆どがチューブの大きさです。


乗船時に使えるスペースは、物凄く狭いです。


乗船者がクーラーとフィッシングバックを積み込めば、2人分でたちまち足の踏み場が無くなってしまいます。


足の踏み場が無いということは、意外にストレスが溜まるものです。


折角、周りに誰もいないようなところで、都会の雑踏を忘れ、ストレスが発散できるような場所に来ているのに、逆にストレスが溜まってしまっては元も子もありません。


ゆったりとした環境で、ゆっくりとフィッシングを楽しみたいじゃないですか!!


ゴムボートは、艤装をすることにより、最強なフィッシングボートへと変身をします。


フィッシングの為の艤装のやりがいがあるボートなんです。


スパンカー、デッドスロー装置、表差し舵の組み合わせで、流しつりも可能だし、たくさんの荷物を装備できるので、状況に合わせてつり方を変えることも可能です。


イレギュラーな潮と風の時、船団に混ざって流しつりをする場合、船団とは別の方向に流れてしまうことがあります。


そのような時は、スパンカーとハンドコンの組み合わせで微調整をして、イレギュラーに流れてしまうゴムボートを他の船団に合わせることが可能です。


ひとつテンヤの流しつりの場合は、パラシュートアンカーの方が有利だと思うので、そういう時はパラシュートアンカーに切り替えます。



勿論、アンカーも常備しているので、1箇所に留まってつりを楽しむこともできます。

ゴムボートの艤装全体概要

以下に簡単なゴムボートの艤装全体概要を解説します。



ゴムボート釣りの艤装

スケルトン(骨組み)


このボートの艤装は、チューブ上に固定してあるスケルトン(骨組み)の上にイレクタージョイントを使用することで、すべての道具を固定しています。


スケルトン自体は、イレクターパイプと同じ太さのアルミパイプで骨組みを形成しています。


アルマイト加工してある28ミリのアルミパイプを使用することで、軽量化されてイレクタージョイントがそのまま使用できます。


スケルトンに取り付けるものも、すべてアルミパイプとイレクタージョイントを使用しています。


バッテリー


バッテリーを囲う大きさで、アルミパイプの枠を作り、スケルトンにイレクタージョイントで固定しています。


バッテリー自体の固定は、ゴムロープを利用しています。


ゲスト用・自分用・その他小物入れ


RVボックスの底にイレクタージョイントを取り付けてスケルトンにハメ込んでいます。


脱着可能で、ゴムロープは使用していません。


ハメ込んでいるだけで十分に固定できます。


同乗者は、自分の釣り具をすべてゲスト用小物入れに移し、バック自体はボートには載せないようにしています。


釣り台(テーブル)

コンテナボックスの底にイレクタージョイントを取り付けてスケルトンにハメ込んでいます。


釣り台は、ロッドホルダーを取り付けるので、念のためにゴムロープで脱落防止をしています。


ロッドフォルダー(3連)


ロッドフォルダーにイレクタージョイントを取り付けて、スケルトンにハメ込んでいます。


ハメ込んでいるだけで十分に固定できます。


獲物用・食料入れ用クーラー

クーラーを囲う大きさで、アルミパイプの枠を作り、スケルトンにイレクタージョイントで固定しています。


クーラーの横にゴムロープを引っ掛けて脱落防止をしています。


2人で1つの獲物用クーラーを使用します。


スパンカー


エンジンマウントにスパンカー取り付け具を万力で取り付けて、固定します。


さらに、4か所をロープでスケルトンに繋いで固定します。


GPS魚探


自分用小物入れには、GPS魚探の本体とアンテナが脱着できるように、専用の取り付け具を固定しています。


ハンドコン・表刺し舵取り付け具


ハンドコンと表刺し舵用取り付け具をスケルトンにイレクタージョイントで固定します。


アンカーロープ


アンカーリール本体の4本の足に合わせてアルミパイプで枠を作り、4本の足に合わせて穴をあけ、そこにアンカーリールをハメ込んで結束バンドで固定します。


その枠をスケルトンにイレクタージョイントでハメ込んで固定します。


フォールドダウンシート(椅子)


フォールドダウンシートの裏に取り付けたイレクタージョイントをスケルトンにハメ込んで固定します。


ガソリンタンク


ガソリンタンクは、スケルトン上には固定できなかったので、そのまま正規の位置に付属のベルトで固定しています。

◎関連記事おすすめ


全体図|ゴムボート釣り 艤装


更新履歴
page top