ゴムボート釣り・艤装

スポンサードリンク

ゴムボート釣り・艤装

ゴムボートは、艤装をすることにより、殆どの釣り道具をチューブの上に載せることができるようになります。

その結果、足元には殆ど釣り道具が無い状態で、ゆったりと釣りを楽しむことができるようになるんです。

ゴムボート 艤装

そもそも、ゴムボートというものは、船体自体はとても大きく感じますが、殆どがチューブの大きさです。

乗船時に使えるスペースは、物凄く狭いです。

乗船者がクーラーとフィッシングバックを積み込めば、2人分でたちまち足の踏み場が無くなってしまいます。

足の踏み場が無いということは、意外にストレスが溜まるものです。

折角、周りに誰もいないようなところで、都会の雑踏を忘れ、ストレスが発散できるような場所に来ているのに、逆にストレスが溜まってしまっては元も子もありません。

ゆったりとした環境で、ゆっくりとフィッシングを楽しみたいじゃないですか!!

ゴムボートは、艤装をすることにより、最強なフィッシングボートへと変身をします。

フィッシングの為の艤装のやりがいがあるボートなんです。

スパンカー、デッドスロー装置、表差し舵の組み合わせで、流しつりも可能だし、たくさんの荷物を装備できるので、状況に合わせてつり方を変えることも可能です。

イレギュラーな潮と風の時、船団に混ざって流しつりをする場合、船団とは別の方向に流れてしまうことがあります。

そのような時は、スパンカーとハンドコンの組み合わせで微調整をして、イレギュラーに流れてしまうゴムボートを他の船団に合わせることが可能です。

ひとつテンヤの流しつりの場合は、パラシュートアンカーの方が有利だと思うので、そういう時はパラシュートアンカーに切り替えます。


勿論、アンカーも常備いているので、1箇所に留まってつりを楽しむこともできます。

いいね!・ツイッター よろしくお願いします