ゴムボート釣り 艤装|アルミパイプ

スポンサードリンク

イージーアップテント メガバス ナチュラム釣り・キャンプ
イージーアップテント
堤防の釣りで雨・風が凌げる
1分で設置・収納可能
イージーアップテント
メガバス
ナチュラム釣り・キャンプ

ゴムボート釣り 艤装|アルミパイプ

私のゴムボートのメインフレームは、アルミパイプとイレクタージョイント、メタルジョイントにより構成されています。

ゴムボート釣り 艤装|アルミパイプ

アルミパイプは、知っているネットショップより購入していたのですが、最近はもう売るのをやめてしまいました。

最近は入手困難になってしまったため、アルミパイプ屋さんに直接交渉する以外、方法がありません。

交渉する際に、どのようなものを購入すればよいか、情報を記述しておきますので、アルミパイプ入手の際は、参考にしてください。


アルミパイプ 外径:28Φ(パイ)(28mm)

内径:24Φ(パイ)(24mm)
肉厚:2mm
塗装:アルマイト塗装
(アルマイト塗装をすることにより、アルミパイプが強化される)
長さ:2mに切断
(アルミパイプは4m単位で販売されているのですが、4mだと運送してもらうのが困難なため、2mに切断をして運送してもらいます)


アルミパイプも、使う量が増えてくると意外に金額が張ってきます。

アルミパイプをアルマイト塗装する際、4m単位で塗装をするのですが、その際にツカミシロがあるため、15cm位塗装されない部分が含まれてしまいます。

「その部分は要りません」と言うことはできないので、2本に1本は15cmのツカミシロが含まれたものが混ざることになります。

最長2m、フルフルに使いたいものもあると思うので、その際は調整してツカミシロが付いていないものを選ぶ必要があります。

アルマイト塗装をしたアルミパイプは、イレクターパイプのように簡単にはイレクタージョイントにはめ込むことができないので、呉CRC等を利用してはめ込みます。

アルミパイプを切断する際は、イレクターパイプをカットする「ハンドカッター」を、そのまま利用することができます。

「ハンドカッター」でカットした断面は、角にバリ(反りかえり)ができてしまうため、「面取り」で角のバリを取り除きます。

バリを取り除かないと、イレクタージョイントにはめ込む際、上手く奥まではめ込めません。

矢崎工業にも、純正の面取りがあるのですが、イレクターパイプは内径の面を取ることが困難なため、外径の面を取るように作られています。

良いものを作ろうと思うなら、こまめにバリ取り除く必要があります。

アルミパイプ以外にも、イレクタージョイントとセットで販売されている、28Φのイレクターパイプを使用しても良いのですが、イレクターパイプは鉄なので、錆びやすくアルミパイプに比べると、非常に重いです。

スポンサードリンク


釣りブログ 釣り メガバス 魚介グルメ