ゴムボート釣り 艤装|クーラー取り付け

スポンサードリンク

イージーアップテント メガバス ナチュラム釣り・キャンプ
イージーアップテント
堤防の釣りで雨・風が凌げる
1分で設置・収納可能
イージーアップテント
メガバス
ナチュラム釣り・キャンプ

ゴムボート釣り 艤装|クーラー取り付け

クーラーをメインフレームに取り付けるための艤装です。

ゴムボート 艤装 クーラー

クーラーは、最もかさばる釣具なので、ゴムボートの船内に置くと一発で足の踏み場が無くなってしまいます。

クーラーが船内で足の踏み場を無くしていると言っても、過言ではありません。

私のボートでは、通常友人と私の大人が2人乗船します。

キャパ的には、もう1人子供なら乗船が可能です。

それらの人数で、自分たちの食糧と飲料水、釣った魚を保存しておくクーラーが必要です。

なので、食料用と魚保存用に2つのクーラーが必要になります。

クーラーは、本体に穴を開けるわけにはいかないので、クーラーの大きさに合わせて周りを囲むクーラー用のフレームを作成しました。

そのフレームを、メインフレームにイレクタージョイントではめ込んで、固定できるようにしました。

その上にクーラーを載せて、板ゴムバンドとS字フックで引っかけてメインフレーム上に固定しています。

ゴムボート 艤装 クーラー

これだけで、フルスロットで滑走しても一切ボートからは、ずれ落ちません。

バンバン波を越えながらの状況でも、全然大丈夫です。

ボート前が食糧用、後ろが釣った魚の保存用なので、前と後ろの乗船者でそれぞれ作業分担をして、2つのクーラーの担当者を分けています。

釣った魚は、誰がどれを釣ったのかはわからなくなってしまいますが、そんなのどうでもいいじゃないですか?


釣り大会じゃないんですから。

もし、釣果を分けたかったら、クーラーの中にビニールバケツでセパレートすればいいと思います。

若いうちは、誰がどれだけ釣ったのか、競い合うのも大事な事ですからね〜。

スポンサードリンク


釣りブログ 釣り メガバス 魚介グルメ